史上最年少の17歳11カ月で将棋タイトルを獲得した藤井聡太棋聖(17)が17日、快挙達成から一夜明けて大阪市の関西将棋会館で記者会見し、「タイトルは目指していたが遠いものだった。棋士になって成長できたのが今回の結果につながった」と時折、笑顔を見せて喜びを語った。

 藤井棋聖は16日の第91期棋聖戦5番勝負第4局で、渡辺明二冠(36)を破り、タイトルを奪取。1990年に屋敷伸之九段(48)が作った18歳6カ月の最年少記録を30年ぶりに更新した。

 記者会見では「探究」と揮毫した色紙を披露。「将棋は難しいゲーム。これからも探究心を持って臨みたい」と説明した。