【ロンドン共同】英政府は16日、ロシアの情報機関が新型コロナウイルスのワクチン開発などに関する情報を狙い、サイバー攻撃を展開している疑いがあると主張、ロシアを非難する声明を発表した。米国とカナダの関係当局と情報交換し、攻撃を防ぐ手段を協議しているという。

 ラーブ英外相は「新型コロナ対策に取り組む研究者らを狙う行為は容認できない」と強調、米国などと連携し、攻撃に関与した機関などの責任を追及していくと述べた。

 英政府によると、サイバー攻撃を行っている当事者がロシア情報機関の一部門であることは「ほぼ確実」という。