自民党麻生派が16日、東京都内のホテルで政治資金パーティーを開催した。新型コロナウイルスの影響で各派閥は秋に延期しており、麻生派が先行した形。会長の麻生太郎副総理兼財務相が早期の衆院解散論者なだけに、今秋実施も取り沙汰される衆院選に備えた資金集めとの臆測も出ている。ただ感染は収束しておらず、規模を縮小し、立食も取りやめるなど感染防止に気を使った。

 ビデオメッセージを寄せた安倍晋三首相は「政権発足から7年半、屋台骨として支えていただいたのが麻生氏だ」と謝意を表明。憲法改正について「党総裁任期中に成し遂げたい。その決意に変わりはない」と訴えた。