西村康稔経済再生担当相は16日の参院予算委員会で、新型コロナウイルス感染者の急増を踏まえた緊急事態宣言の再発令に関し「東京都で中高年の新規感染者数が少しずつ増えているのが気になる。しっかり見ながら判断していく」と述べた。「国民の命を守るために必要な時は当然、発出しなければならない」とも語った。菅義偉官房長官は記者会見で、現段階での再発令に否定的な見解を示し、要否を「総合的に判断する」とした。

 菅氏は、東京都の入院者数が増加傾向にあるとしたものの、医療体制は「逼迫している状況ではない」と指摘した。