JR東海は16日、リニア中央新幹線の静岡工区に関する国土交通省の有識者会議で、トンネル掘削工事による大井川中下流域の水利用への影響はないとの見解を説明した。座長の福岡捷二中央大研究開発機構教授は会議後、記者団に、水利用への影響が大きくないという意見が委員の共通認識だとし「方向性が見えてきた」と述べた。

 JR東海は、掘削に伴う湧水により「周辺で地下水位が低下し、大井川上流部の沢で流量が減少する」との解析結果を説明。湧水を川に戻すことで中下流域の地下水などへの影響は生じさせないと強調し、根拠をデータで示した。