日本付近で停滞する梅雨前線の影響で、奄美地方は16日、1951年の観測開始以来、梅雨明けが最も遅くなることが確実になった。これまでの記録は1983年と2010年の7月15日ごろ。

 気象庁によると、奄美の梅雨明けは平年なら6月29日ごろ。昨年は7月13日ごろだった。今年は6月12日ごろに梅雨明けした沖縄を除き、各地域で梅雨が続いている。

 梅雨がない北海道を除き、これまでに最も梅雨明けが遅れたのは北陸と東北北部の1991年8月14日ごろだった。過去にはぐずついた天気が続き、梅雨明けの時期を特定しなかった年もある。