菅義偉官房長官は16日の記者会見で、アフリカの経済発展を目指す第8回アフリカ開発会議(TICAD)を2022年にチュニジアで開催することが正式に決定したと発表した。アフリカでの開催は16年のケニア以来2回目となる。

 TICADは、紛争や貧困などに苦しむアフリカの発展を図るため、1993年から日本が国連やアフリカ連合(AU)などと共催している。昨年は横浜で開かれた。

 菅氏は「新型コロナウイルス感染症は保健、医療面でアフリカが抱える脆弱性を浮き彫りにしている」と述べ、保健分野などの課題に積極的に取り組む考えを表明した。