日本ボクシングコミッションは16日、東京・後楽園ホールで同日行われるタイトルマッチに出場する東洋太平洋フェザー級王者の清水聡(大橋)らボクサー4人、チーフセコンド4人、レフェリー2人の10人全員が新型コロナウイルスのPCR検査で陰性と判定されたと発表した。

 プロボクシングの興行再開後で初のタイトルマッチとなる2試合が、無観客で実施される。