企業情報をコンピューターウイルスで暗号化して「身代金」を要求し、応じないと内部情報を公開すると2段階で金銭を要求する新手口のサイバー攻撃が、日本でも確認されたことが15日、情報セキュリティー専門家らへの取材で分かった。こうした攻撃は欧米で猛威を振るっており、6月には韓国のLG電子でも被害が確認されている。

 専門家によると「MAZE(メイズ)」と呼ばれるグループによるランサムウエア(身代金要求型ウイルス)を使った攻撃。情報を暗号化する前にコピーを盗み出している。身代金を支払わないと情報の全てを公開すると脅すため「二重恐喝」とも呼ばれる。