木下サーカス(岡山市)は15日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い公演中止が相次いでいることを受け、活動継続のための運営資金を募るクラウドファンディングを始めた。目標額は1千万円で、9月22日まで。

 チケットの払い戻し費用に加え、ライオンやゾウなど動物のえさ代がかさみ資金集めを決めた。千円から寄付することができ、250万円を寄付すると返礼として貸し切り公演を楽しめる。

 寄付のサイトはクラウドファンディングを手掛ける会社「レディーフォー」(東京)のウェブサイトに設けた。アドレスはhttps://readyfor.jp/projects/kinoshita