沖縄県は15日、米軍キャンプ・ハンセン(金武町など)で、新たに36人の新型コロナウイルス感染を確認したと米側から連絡があったと明らかにした。県によると、キャンプ・ハンセンでの感染確認は計58人となり、在沖縄米軍で計136人となった。

 キャンプ・ハンセン以外ではこれまでに普天間飛行場71人、嘉手納基地5人、キャンプ・マクトリアスと牧港補給地区で各1人の感染者が確認されている。

 県によると、米国の独立記念日に当たる4日の前後に北谷町の飲食店で開かれたパーティーで米兵と接触した可能性のある店舗従業員ら130人が臨時のPCR検査を受けたが、全員陰性だった。