【ニューヨーク共同】米有力紙ニューヨーク・タイムズ(本社ニューヨーク市)は14日、アジアのデジタルニュース編集拠点を香港から韓国ソウルに移転すると発表した。中国による香港国家安全維持法(国安法)施行を受けた措置。

 香港は同紙のアジアでの取材、編集の拠点だが、国安法施行で「不確定要素が生じた」(同紙幹部)と理由を説明した。デジタル編集は香港の全体要員の約3分の1を占め、来年までにソウルに移る。

 同紙によると、東京、バンコク、シンガポールも候補だったが、韓国が外資企業に友好的で、ニュース面でも中心的な役割を果たしていることなどからソウルが選ばれた。