【ニューヨーク共同】米政府は14日、新型コロナウイルス感染拡大に伴い大学などで秋学期の授業が全てオンラインで行われる場合、留学生に査証(ビザ)発給を認めないとする規制強化措置を取り下げた。措置を巡り提訴があった東部マサチューセッツ州の連邦地裁が明らかにした。

 方針転換の理由は不明だが、多くの州や大学が規制強化に反発、中止を求めて政府を提訴する動きが広がっており、判断に影響した可能性がある。日本人学生を含む多数の学生に影響が出ると懸念されていた。

 ただ米メディアによると、政府は留学生ビザ発給を巡り別の規制を検討している。