バスケットボール男子のBリーグは14日、オンラインで理事会を開き、2020~21年シーズンの新型コロナウイルス感染防止策として1部(B1)2部(B2)の選手、スタッフ、審判員ら約880人を対象にPCR検査を実施すると発表した。2週間ごとに計18回実施予定で、費用は1人1回2万円弱と見込み、Bリーグが負担する。

 今季は入れ替え戦を行わないため、B1ライセンスが交付されたB2クラブの中で、年間順位上位の2チームがB1に昇格することも決定した。