【ソウル共同】韓国の首都ソウル市の朴元淳市長が自殺する直前、セクハラを受けたと元秘書の女性から告訴されていた問題で、女性を支援している民間団体などが13日の記者会見で「セクハラ行為は約4年続いていた」と明らかにした。

 女性らの被害相談を受ける「韓国性暴力相談所」のイ・ミギョン所長は、影響力の強い大都市ソウルの市長によるセクハラを女性が拒否したり、問題提起したりすることができなかったと指摘し「典型的な権力型の性暴力」だったと批判した。

 朴氏が自身の下着姿の写真を送ったり、執務室で女性の膝にキスしたりする行為があったとした。