新型コロナ感染拡大の影響で、介護事業者の46%が、利用する高齢者の「認知機能の低下」を懸念していることが民間団体の調査で分かった。外出自粛が長期にわたり、高齢者の心身状態の悪化を心配する声が広がっている。

 調査は介護施策の研究を行う「人とまちづくり研究所」が5月に実施。全都道府県の約5700事業所の回答を分析した。代表理事の堀田聡子慶応大教授は「外出や人との交流を控えたことが影響したとみられる。調査後、さらに悪化が進んでいる可能性がある」と指摘した。

 利用者の健康状態の悪化や、悪化につながるリスクとして懸念する問題を18項目から5個まで選択してもらった。