安倍晋三首相は13日、九州での豪雨で入所者が犠牲となった熊本県球磨村の特別養護老人ホーム「千寿園」の視察に触れ「河川の氾濫が想像を絶するスピードで起こり、悲劇的な出来事となった。教訓をしっかり生かさなければいけない」と強調した。同県人吉市で記者団に語った。

 同市の避難所への訪問について「被災者のつらい気持ちや、一体どうなっていくのかという不安なお気持ちをうかがった」と説明。「先手先手で、必要な物資が少しでも早く届けられるよう、安心して暮らせる住まいに一日も早く移れるよう全力を尽くしたい」と語った。