【アナハイム共同】米大リーグ、エンゼルスのマドン監督は11日、本拠地アナハイムで大谷翔平が腰に張りを訴えていると公表した。オンライン取材で「何も心配ない。次週には紅白戦で投げられると思う」と軽症を強調した。

 大谷は7日に一昨年の右肘手術後初めて試合形式で登板した。紅白戦で50球を投げ、1安打、1三振7四球だった。8、9日は室内で有酸素運動など、10日には軽めのキャッチボールや室内での打撃練習に取り組んだ。

 メジャー3年目の今季は投打の「二刀流」での復活を目指す。チームは24日(日本時間25日)に敵地でのアスレチックス戦で開幕を迎える。