【ニューヨーク共同】米大リーグ、ジャイアンツで2012年に最優秀選手に輝いた33歳の捕手ポージーは10日、新型コロナウイルスを懸念し、今季を欠場すると表明した。養子縁組で新生児の双子を迎えたことを理由に挙げ、球団公式ツイッターで「子どもを守るための決断と考えている」とコメントした。

 コロナ禍で開催される今季は既にナショナルズの内野手ジマーマン、ドジャースの先発左腕プライスらがプレーしないとしている。