阪神は10日、甲子園球場で8月1日から6日まで行われる5試合で、入場者数の上限を1万8千人に引き上げると発表した。7月中は5千人が上限で行われる。引き続き、年間予約席の契約者、ファンクラブ会員に向けて先行発売し、23日からインターネットによる一般販売を実施する。

 7月31日から8月2日のDeNA戦と4~6日の巨人戦の計6試合は恒例イベント「ウル虎の夏2020」として、ダイヤをちりばめたような模様の「ウル虎イエローユニホーム」を着用することも発表された。1日からの5試合の来場者にはプレゼント。1日はキャップ、2日からは「ウル虎イエロー」ジャージーを贈る。