リニア中央新幹線の静岡工区を巡り、国土交通省の藤田耕三事務次官は10日、省内でJR東海の金子慎社長と会談した。2027年開業が事実上困難となる中、藤田氏は「当面の方策として、自然環境への影響が軽微な範囲で準備工事を進めるよう提案したい」と説明。国が設置した有識者会議の結論が出るまで、トンネル掘削工事には着手しないよう要請した。

 JR東海にとって国交省の提案は受け入れやすく、準備工事に反対を続ける静岡県の対応が焦点となる。藤田氏は10日夕に静岡県庁を訪問、川勝平太知事にも提案内容を説明する。