梅雨前線による記録的な豪雨で、10日までの九州の行方不明は16人となっている。前線の活動は依然として活発で、天候が崩れやすい状況で捜索や復旧活動が続いた。土砂災害の危険性が高まっている地域もあり、依然として厳重な警戒が求められている。

 熊本県は10日、人吉市で心肺停止となっていた1人の死亡を新たに確認したと発表した。これで同県の人的被害は死者60人、行方不明10人となった。犠牲者は福岡、大分両県でも出ており、九州の死者は計63人となった。

 国土交通省の9日時点のまとめによると、球磨川や筑後川など10県の84河川で氾濫した。