オリックスが連敗を7で止めた。六回に吉田正の2ラン、ロドリゲスの適時打と三つの押し出し四球で6点を先制。鈴木が5回無安打無失点でプロ初勝利を挙げ、無失点リレーで締めた。西武は打線が散発2安打で連勝が4で止まった。