北海道大は1日、名和豊春前学長の解任を受けて記者会見を開き、人事権発動を示唆するといった威圧的な言動や、学外で学長と名乗って過度のサービスを要求するなど、名和氏の不適切な行為が確認されたと発表した。通院や服薬が必要になる職員もいたという。この問題で北大が説明の機会を公に設けるのは初。

 記者会見の冒頭で、笠原正典副学長(学長代行)ら幹部3人が謝罪。笠原副学長は「前学長の資質が大きいが、執行部が結果的に不適切な言動を抑止できなかった」と釈明した。

 北大によると、教職員ら計十数人が罵声を浴びせられたり、無理な仕事を押し付けられたりするなどした。