自民党の鈴木俊一総務会長は9日の記者会見で、内閣支持率下落が相次ぐ報道各社の世論調査結果を踏まえ、党内の結束を訴えた。旧民主党政権が党内対立で国民の離反を招いたとの認識を示した上で「党内抗争があると国民の支持を失う。間違っても抗争が起こらないようにしないといけない。今こそ一致団結が大切だ」と述べた。

 同時に「国民が不信を持っている点があれば、丁寧に説明して理解を深めてもらい、信頼を回復していくことが重要だ」と強調した。