北朝鮮による拉致被害者、横田めぐみさん=失踪当時(13)=の母で、5日に夫の滋さん(87)を亡くした早紀江さん(84)が9日、東京都内で記者会見した。「二人三脚で頑張ってきた」と振り返り、「思い残すことがないほど、全身全霊で活動に打ち込んでいた。強い意志を持っていた」と、拉致問題解決に向け先頭に立って奮闘した夫をたたえた。

 「天国に行けるんだからね。私を忘れないで待っていてね」。滋さんをみとった際、耳元で大きな声で語り掛けると、右目にうっすらと涙を浮かべたという。

 ひつぎの滋さんの胸にめぐみさんの写真を置き「抱っこしてあげて」と声を掛けたと明かした。