【ロサンゼルス共同】米ミネソタ州で白人警官に膝で首を地面に押し付けられ死亡した黒人男性ジョージ・フロイドさんの追悼式が、事件から2週間となる8日、故郷のテキサス州ヒューストンで開かれた。近く埋葬される。ひつぎが安置された教会には長い列ができ、参列者はフロイドさんとの最後の別れを惜しんだ。米メディアが伝えた。各地では2週間連続で人種差別に抗議するデモが行われた。

 一方、殺人容疑で逮捕、訴追された元警官デレク・ショービン容疑者は8日、ミネソタ州の裁判所での審理手続きに勾留施設からビデオリンク方式で出廷。保釈金は125万ドル(約1億3500万円)に設定された。