新型コロナウイルスの影響で2月下旬から中断しているサッカーのJリーグで、7月4、5日に予定されるJ1再開初戦の対戦カードが8日、複数の関係者への取材で分かり、昨季王者の横浜Mは敵地で浦和と対戦することになった。同2位のFC東京はアウェーで柏と当たる。再開後の日程は15日をめどに発表される。

 G大阪はホームでC大阪との「大阪ダービー」が組まれ、元スペイン代表MFイニエスタを擁する神戸は広島を本拠地に迎える。大分は同じ九州勢の鳥栖とのホーム戦。53歳の三浦が所属する横浜FCは当面は関東に拠点を置く札幌と、川崎は鹿島、湘南は仙台、清水は名古屋と本拠で戦う。