共産党の小池晃書記局長は8日の記者会見で、菅義偉官房長官が沖縄県議選で米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設容認を掲げた自民党が善戦したとの認識を示したことに反論した。「玉城デニー知事支持派が過半数を得た結果を見れば、到底そんなことは言えない」と述べた。

 菅氏が辺野古移設に関し「地元の理解が進んでいるのではないか」と指摘したことについても、小池氏は「一体どこを見て物を言っているのか。沖縄県民の心を逆なでする発言だ」と批判した。