新型コロナウイルスに感染し療養を続けていたフリーアナウンサー赤江珠緒さん(45)が8日、TBSラジオの番組「赤江珠緒たまむすび」に復帰、自身に現れた症状や一緒に暮らす子どもへの感染防止の難しさなどを語った。

 パーソナリティーを務める同番組に約2カ月ぶりの復帰。リスナーからの質問に応じ、症状の一つとして知られる味覚や嗅覚の異常について発熱から3~4日で突然現れたと言い「炊きたてのご飯が、ゴムを食べているみたいに味がしなくなった」と表現した。

 赤江さんは、夫が感染し、自身も4月15日に発症した。