バスケットボール男子Bリーグの新チェアマンに就任する島田慎二氏が8日、東京都内でインタビューに応じ、新型コロナウイルスが流行する難局でかじ取り役を任されることについて「一つのクラブも経営破綻させない。どうやってこの状況を乗り越えていくかが全て」と決意を口にした。

 就任後の課題に各チームの経営状況の把握を挙げ、資金調達などに協力を惜しまない姿勢を示した。10月開幕を目指す来季へ向け、全選手にPCR検査を実施予定のサッカーJリーグなどの新型コロナ対策を参考にする。「いかに安全に試合ができる状況をつくるか。社会情勢を見ながら臨機応変にやる」と述べた。