関東弁護士会連合会は8日までに、新型コロナウイルスの影響で困窮する学生への10万~20万円の現金給付を巡り、文部科学省が外国人留学生にだけ「成績上位3割」程度の要件などを課しているのは「公平を欠く」として、撤廃などを求める声明を出した。

 声明では、日本人学生らにはない留学生限定の成績要件や「1カ月の出席率が8割以上」といった要件を挙げ、「国籍差別を容認する意図のもとに要件が定められているといわざるを得ない」と強調。要件の撤廃か、成績にかわる要件を定めるなどして公平に給付を行うよう求めた。