政府は8日、新型コロナウイルスの感染拡大に対応するための2020年度第2次補正予算案を国会に提出した。同日午後、衆院本会議で審議入りした。一般会計歳出総額は31兆9114億円で、民間投資を含めた追加対策の事業規模は、4月に成立した第1次補正予算と並ぶ117兆1千億円となる。予算の全額を国の借金で賄い、雇用や中小企業などの支援を厚くする。11日の成立を目指す。

 10兆円に上る巨額予備費は、5兆円分の使途を事前に明示する異例の措置を取ると決定。野党側は「持続化給付金」、「Go To キャンペーン」などへの追及姿勢を強めており、激しい攻防が繰り広げられそうだ。