米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する勢力が過半数を獲得した7日の沖縄県議選に関し、自民党は「厳しい戦いになると分かっていた。やむを得ない」(幹部)と冷静に受け止めた。移設工事は予定通り進める姿勢を示した。野党は「新基地建設はノーという県民の揺るがぬ民意が改めて示された」(共産党の小池晃書記局長)と歓迎した。

 自民党の沖縄北方担当相経験者は「辺野古の埋め立てが終わるまでは厳しい状況は続く」とした上で、結果にかかわらず移設を推進するべきだと主張した。党幹部は政権運営への影響はないと強調した。