【ワシントン共同】トランプ米大統領は5日、東部メーン州で、欧州連合(EU)が米国産ロブスターへの関税を撤廃しなければ、対抗措置として「米国は自動車関税を課す」と警告した。ロブスターは同州の名産品で、11月の大統領選に向けて漁業関係者らに強気の姿勢をアピールする狙いがありそうだ。

 トランプ氏は漁業関係者から不満などを伝えられると「EUは米国から多くをだまし取ってきた」と批判。矛先は中国にも向かい、同じように関税を課す考えを示した。

 米国は18年7月にEUと貿易交渉入りで合意したが進展は見られず、トランプ氏は譲歩を引き出すため自動車関税をちらつかせている。