【ワシントン共同】トランプ米大統領は5日、就業者数が3カ月ぶりにプラスに転じた雇用統計を踏まえ、黒人男性暴行死事件の犠牲者ジョージ・フロイドさんに言及し「ジョージにも、皆にとっても最高の日だ」と述べた。経済回復誇示に犠牲者を絡めた発言に、11月の大統領選で戦う見込みの野党民主党のバイデン前副大統領は「卑劣」と痛烈に批判した。

 失業率改善がうれしかったようで、トランプ氏はホワイトハウスの庭での記者会見で「ジョージが(天国から)下を見て『この国にとって素晴らしいことだ』と言っていると良い」とも語った。