菅義偉官房長官は5日の記者会見で、辞職した黒川弘務前東京高検検事長の賭けマージャン問題を受け、法務省内に設置する「法務・検察行政刷新会議(仮称)」の協議事項について「具体的な内容、在り方は今後、法務省で検討、調整する」と述べるにとどめた。

 森雅子法相は5日の参院本会議で刷新会議に関し、黒川氏の定年延長や訓告処分、検察幹部の定年延長を可能とする検察庁法改正案について、協議対象には含めない意向を示した。一方、賭けマージャン問題の不適切さを会議の設置目的とする意向を示唆した。

 野党は定年延長や訓告処分に関し「検察への政治介入があった」と指摘している。