日本郵政グループは30日、かんぽ生命保険と日本郵便による保険不正販売問題で、法令や社内規則に違反した営業担当者2448人に対し、保険業法に基づき、保険募集人資格の取り消しや業務停止とする処分を決定したと発表した。

 2448人の大半はかんぽ生命から販売委託を受けた日本郵便社員で、今回の処分はかんぽ生命が決めた。今後、日本郵便が7月以降に順次懲戒処分を行う。