30日午前5時25分ごろ、横浜市港北区大豆戸町の環状2号線で「道路が陥没している」と110番があった。神奈川県警港北署によると、上り線の車道と歩道にまたがる場所が、縦横約7メートルにわたって陥没。けが人はいなかった。12日にも約300メートル離れた場所で陥没事故があったばかり。付近ではトンネル工事が行われており、工事主体の鉄道・運輸機構は関連を調べる。

 穴には水がたまっており、アスファルト下の土が削れ、徐々に広がっている。現場は片側3車線で、署は上り線を通行止めにした。通行人が陥没に気付き、12日の陥没事故の復旧作業現場にいた関係者を通じて110番した。