30日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=107円台後半で取引された。

 午前10時現在は前日比51銭円安ドル高の1ドル=107円70~71銭。ユーロは50銭円安ユーロ高の1ユーロ=121円02~09銭。

 前日発表の住宅販売関連の米経済統計が市場予想を上回る改善を示し、米景気の先行きへの悲観的な見方が和らいだことから、ドルを買って円を売る動きが先行した。

 外為ブローカーは「国内輸入企業による円売りドル買い注文も出て円安が進んだ」と話した。