衆参両院は30日、国会議員の2019年分の所得に関する報告書を公開した。対象は653人。1人当たりの平均所得は2427万円で、前回18年分の公開時より230万円減った。減少は4年ぶり。首位は、前回2位だった自民党の元栄太一郎参院議員で8億4502万円。1億円超は3人で、いずれも自民党だった。5千万円超は10人だった。

 前回17億円超の所得で平均を押し上げた鳩山二郎自民党衆院議員が2千万円台になった結果、1人当たりの平均所得は16、17年分(ともに2412万円)と同水準に戻った形だ。

 元栄氏の所得は、株式売却による7億7893万円が大部分を占めた。