埼玉県の大野元裕知事は29日に記者会見し、直近の2週間に県内で確認された新型コロナウイルス感染者88人のうち、45人が東京都内で感染した疑いがあるとして、都内での飲食や繁華街への外出を自粛するよう、県民に呼び掛けた。

 大野知事によると、都内の接待を伴う飲食店の利用客や従業員の感染者が目立つという。感染者が再び増加傾向にあることを「憂慮すべき状態だ」とした上で、高齢者や基礎疾患がある人に対しては「東京への不要不急の外出も自粛してほしい」と要望した。