シャープは29日、堺市の本社で開いた株主総会後の取締役会で、生え抜きの野村勝明副社長が社長兼最高執行責任者(COO)に昇格する人事を正式に決めた。台湾・鴻海精密工業出身の戴正呉会長兼社長は会長兼最高経営責任者(CEO)となった。新型コロナウイルスの流行で経営環境が悪化する中、戴氏と野村氏の「二頭体制」で再び成長を目指す。

 戴氏は2016年から社長を務めてきた。17年度に連結純損益の黒字化を果たしたものの、19年度は減収減益だった。コロナ禍を乗り切るために続投するとみられていたが、財務に強い野村氏を後任に起用して「守り」を固めた。