石油元売り大手のコスモエネルギーホールディングス(HD)は29日、「スーパーマグナム」ブランドで販売するハイオクガソリンを「使い続けるほどエンジンをきれいにしてくれる」などと事実と異なる宣伝をしていたと明らかにした。不適切だったとして、4月にホームページ(HP)の表現を修正した。

 コスモHDによると、エンジンをきれいに保つ効果のある添加剤は入っていたが、汚れを除去する効果があるかどうかは確認されていないという。事実と異なる宣伝は、10年以上続いていた。

 コスモの広報担当者は「誤解を招く表現で大変申し訳なく思う」と話した。