バレーボール女子で2012年ロンドン五輪銅メダリストのアタッカー新鍋理沙(29)が29日、オンラインで引退記者会見を開き「納得できないプレーでコートに立つことは、自分自身が納得できない。潔く第一線から身を引く決断をした」などと時折涙ぐみ、心境を語った。今後は「バレーの魅力やチームスポーツの素晴らしさを伝えていきたい」と思い描いた。

 決め手となったのは、4年ほど前から痛めていた右手の人さし指の状態だった。東京五輪が来夏になったことで4月に手術。リハビリに励んだが「1年後に今よりもいい状態でプレーできるか考え、自信を持ってできると思えなくなった」と説明した。