ヤフーなどインターネット企業でつくる「セーファーインターネット協会」は29日、ネット上の書き込みによる中傷被害対策の窓口を設置し、相談受け付けを始めた。被害者や保護者などからの相談に応じて内容を確認。悪質な投稿については会員制交流サイト(SNS)事業者や掲示板の運営者に削除を依頼し、被害者の救済を図る。

 同協会のホームページに開設された「誹謗中傷ホットライン」に、中傷を受けたSNSや投稿のURLなどを氏名やメールアドレスとともに記入して送信する。該当する書き込みについて、協会の担当者が基準に沿って、表現の自由との兼ね合いから削除の是非を判断する。