JR東日本は29日、新幹線と在来線特急の利用者は前週(15~21日)に比べ、平日の22~26日は24%増、土日の27、28日は8%増だったと明らかにした。前年同期比では平日66%減、土日74%減。16都県主要18駅の自動改札の平日利用実績は、全駅で前週より伸びた。

 都道府県をまたぐ移動は19日から全面解禁。出張や旅行需要が戻り、鉄道利用者の増加傾向が続いているが、新型コロナウイルスの感染拡大前に比べるとかなり低調なままだ。

 JR東によると、東京・山手線は平日が前週から5%増、土日は4%増。平日は2月初旬との比較で38%減、土日は前年と比べ46%減だった。