岐阜と三重の両県高野連は29日、それぞれの独自大会で1位になったチームによる交流試合を、8月17日に岐阜長良川球場で行うと発表した。

 試合は無観客で実施されるが、新型コロナウイルスの感染状況や、県の独自大会が予定通りには終了できなかった場合など、中止となる。

 岐阜と三重はかつて「三岐大会」として、両県で全国高校野球選手権大会の出場を争っていた歴史があり、今回の開催につながった。