オリエンタルランドは29日、新型コロナウイルス対策を踏まえた東京ディズニーランドとディズニーシーの新たな運営方法を報道陣に公開した。両園は7月1日、約4カ月ぶりに営業を再開。キャラクターや他の来園者と一定の距離を保つよう配慮し、「密」が避けられない一部施設やイベントは引き続き休止する。

 入場ゲートでは、1メートル以上の距離を保つよう地面に並ぶ場所の印を設置。フェースシールドを着けたスタッフが一人一人検温し、37・5度以上の場合は入園自粛を求める。アトラクションも距離を保ちながら並び、間隔を空けて乗る。大勢の人が集まるパレードなどは当面再開を見送る。