【ベルリン共同】サッカーのドイツ2部リーグは28日、各地で今季最終節が行われ、遠藤航のシュツットガルトはホームでダルムシュタットに1―3で屈したが、勝ち点58で2位となって2季ぶりの1部復帰を果たした。遠藤はフル出場した。

 ハイデンハイムが勝ち点55で3位となり、1部で16位だった大迫勇也のブレーメンと入れ替え戦で顔を合わせる。

 原口元気のハノーバーはボーフムに2―0で勝ち、6位で終了した。原口はフル出場した。

 宮市亮が欠場したザンクトパウリはウィースバーデンに3―5で敗れて14位だった。